airUキャンパス

airUマイページ

cafe なごみ

新年度が始まります!

2018.04.01

こんにちは。総合教育科目と学部共通専門教育科目の運営を担当している教員の加藤志織です。

本日から新年度が始まります。気分を一新し、1年間の学びをスタートさせましょう!

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!みなさんの心の中で燃えている向学心を、本学関係者一同、全力で受けとめます。安心して学習に取り組んでください。

在学生のみなさん、今年度もよろしくお願いします!順調に学習されている方は現在の調子を維持しましょう。学びが予定よりも遅れている方は、学習状況を確認して、何が問題点であるのか明確にしましょう。漫然と学習することはよくありません。

さて、新入生のみなさんにお願いがあります。まず「学習ガイド」を読みましょう。本学で学習するために必要な情報が網羅されています。「学習ガイド」を未読なままで学ぶ事は、海図やコンパスなしで航海に出ることと同じです。無駄のない効率的な学びを達成するためにも「学習ガイド」に目を通しましょう。

新入生のみなさん、在学生のみなさん、1年間の学習スケジュールをたててください。通信課程に在籍されている学生さんは、その学習環境もこれまでに培ってきた能力も人それぞれです。

他人の意見や学習状況をきいて参考にすることは大いに結構ですが、重要なのは自分にあった学習ペースを確立し、マイペースで学び続けることです。「自分にとっての最短卒業」を目指してください。そのためには、ご自身が置かれた状況を見回して、最適な学習計画を見つけることが必要です。

とは言え、実際に取り組んでみないと、自分にあった学習ペースを発見することはできません。お奨めは、3ヶ月単位で、学びを振り返り、問題点を見いだし、その都度改善する方法です。

最後に、TR(テキストレポート)科目に取り組む際の注意事項をお伝えします。本学は芸術大学ではありますが、総合共通科目や学部共通専門教育科目の中には、制作系以外、すなわちレポートを作成する課題や試験がたくさん含まれています。

したがって、テキストやシラバスの内容を正確に把握する読解力と自分の考えを第三者に適切に伝えるための文章力が求められます。

ただ、この2つの能力は、一朝一夕には身につきません。短期的な視点ではなく、長期的な観点に立って養うことが必要です。

まずは総合教育科目にある「ことばと表現」と「論述基礎」を履修し、大学で求められる日本語力、文章力の理論と基礎知識を知り、つぎに個別の科目のレポート課題や単位修得試験等で、その理論や基礎知識を実践しながら少しずつ身に付けてください。

学習の成果は必ずしもすぐに表れるとは限りません。性急に結果を求めるのではなく、努力をある一定期間継続することも肝要です。あせらずに取り組みましょう!

もちろん学習でわからないことがある時にはすみやかに教員に質問してください。

では、本年も一緒に学びましょう!

*画像は大学近くの白川疎水沿いの桜です。

ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます

cafe なごみ

メンバー 160名

みなさん、こんにちは。通信教育部で教員をしている加藤志織です。通信教育は自分に適したペースで学習を進められる点が長所といえますが、その反面、学びのスケジュールを自己管理しなければなりません。また、学びの大部分が大学の校舎内ではなく家庭等でおこなわれるために孤独と闘う必要があります。

このカフェは、そんなみなさんの心配や悩みあるいは分からないことを気軽にもちよって相談するために設けました。講義を受る前に眠気覚ましのコーヒーを飲んだり、授業後に親しい友人と一緒に歓談したりするような憩いとなごみの場としてご利用ください。

私、加藤が店主として、みなさんにリラックスしていただける空間を演出・運営いたします!
...もっと読む閉じる

一覧