airUキャンパス

airUマイページ

史料読みの自彊室

2021年度春の藝術学舎

2021.03.02

本学の公開講座「藝術学舎」の春期のラインナップがリリースされました。対面講座の他、コロナ禍に対応すべく、遠隔講座も用意しています。
私が関わっているものは以下の通りです。

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/learning/G2116365
会田先生、河野先生、私による「古都の歴史を遡る」(4/13からスタートする、ほぼ隔週リリースの遠隔講座)

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/learning/G2116366
履修証明プログラム「史料学」の春期講座「平安時代の親子関係」(4/13からスタートする、ほぼ隔週リリースの遠隔講座)
岩田先生がご担当くださる史料から歴史を探る講座です。

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/learning/G2111311
江戸表具の稲崎先生と私による「表具文化のいろはの「い」」(4/20からスタートする、ほぼ隔週の対面講座)

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/learning/G2116163
私が担当する「文化・伝統の調べ方」(4/21からスタートする、ほぼ隔週の遠隔講座)
論文の探し方、フィールドワークの仕方、博物館の活用方法などをお話します。

特に、岩田先生の講座は履修証明プログラムです。秋期に「吾妻鏡を読む」テスト開講しましたが、その手応えを踏まえて、設計したプログラムです。夏期以降も時代と担当の教員を変えて開講します。
自彊室の皆さんであれば、学びになると思います。ぜひ、受講してみてください。

ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます

史料読みの自彊室

メンバー 312名

外苑キャンパスの教員の野村です。
このコミュニティは、「史料を読んでみたい」・「卒業研究(修士論文)で史料と格闘している」「卒業後も史料に親しみたい」といった大学院生や学部生、卒業生の皆さんを対象として、史料読みに関する勉強会情報や自習教材の紹介、また博物館の企画展などの情報交換を行うことを目的としています。
芸術学科主催の史料講読ガイダンスなどの情報もupしていく予定です。

一覧