airUキャンパス

airUマイページ

歴史遺産の部屋

秋の古本まつり(京都 百万遍知恩寺)

2020.10.04

みなさん、こんにちは。業務担当非常勤講師の岩田です。朝晩は肌寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

テキスト科目・スクーリング科目の参考文献、論文研究や卒業研究に使う自分の研究テーマに関する本など、大学に入学されてから様々な本を読む機会が増えたと思いますが、それらをどのように入手されていますか?図書館で借りたり、新本を購入したり、古本をメルカリやヤフーオークション、古書店で購入したりと、様々な方法で入手されていることでしょう。

オンライン上で古本を買う際のよいところは、アマゾンやブックオフ、日本の古本屋など様々なサイトで、価格を比較しながら購入できる点です。1つのサイトでなくても、別のサイトにあったりするので、買う本が決まっている場合にはとても便利です。

古書店で古本を買う時の醍醐味は、思わぬ掘り出し物を見つける楽しさです。なかなかお目にかからない貴重な本がポロッと出ていたり、お安く売られていたり。

初めて東京の神田神保町の古本街に行った時は、古書店ばかりが並ぶ風景に衝撃を受けました。毎年秋に行われる、古本まつりと神保町ブックフェスティバルは、まさに「祭り」です。とても楽しい催しなのですが、残念ながら今年はコロナのため中止だそうです。

京都では古書店は点在していて、古書店めぐりはなかなかできませんが、多くの古書店が会する古本まつりが年に3回開催されます。春は平安神宮の近くのみやこめっせ、夏は下鴨神社の糺(ただす)の森、秋は京都大学の近くの百万遍知恩寺で行われます。夏と秋は屋外で行われるので、夏はみなさん、汗だくになりながら、団扇を片手に本を物色しています。今年はコロナの影響で春と夏はなかったのですが、秋は今のところ10月30日(金)~11月3日(火)に開催される予定です。屋外で本をいろいろと物色するにはよい季節です。

http://koshoken.seesaa.net/category/8767185-1.html

関心のある方は是非どうぞ。掘り出し物が見つかるとよいですね。

ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます

歴史遺産の部屋

メンバー 181名

通信教育部芸術学科、歴史遺産コースに在籍する方への連絡用コミュ二ティーになります。
ぜひ、こまめにご覧いただければと思います!

一覧