airUキャンパス

airUマイページ

史料読みの自彊室

秋の芸術学舎で「吾妻鏡」を読みます

2020.08.07

こんにちは。先日から秋の芸術学舎の申し込みがスタートしました。
その中に私が担当している遠隔企画が2つあります。
吾妻鏡を読むものと、松尾大社の疑似フィールドワークです。
両方とも、ご自宅から受講できます。
特に吾妻鏡は、本コミュニティの方々にはちょうどよいかも知れませんね。
史料読むというよりは解説が多いかもですが、ご興味があればぜひ、受講してみて下さい。

https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/stgg/coursedtls/courseDetail/G2036373

ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます

史料読みの自彊室

メンバー 316名

外苑キャンパスの教員の野村です。
このコミュニティは、「史料を読んでみたい」・「卒業研究(修士論文)で史料と格闘している」「卒業後も史料に親しみたい」といった大学院生や学部生、卒業生の皆さんを対象として、史料読みに関する勉強会情報や自習教材の紹介、また博物館の企画展などの情報交換を行うことを目的としています。
芸術学科主催の史料講読ガイダンスなどの情報もupしていく予定です。

一覧