airUキャンパス

airUマイページ

お知らせ

10/1(土)収穫祭@新潟県十日町市 開催案内

2022.08.26

「縄文時代の土器と布を知る」

●開催:2022年10月1日(土)
●会場:十日町市博物館
※会場へのアクセスは、十日町市博物館のwebサイトをご覧ください。
●担当:久田多恵(染織コース)、殿井環(建築デザインコース)
●現地講師:菅沼 亘(すがぬま わたる)氏/十日町市博物館副館長

●開催概要
縄文時代は旧石器時代の後にあたり、弥生時代始まりまで続く長い期間です。縄で文様を施した縄文土器や各種の道具、布作り等、多くの技術が発達しました。土器の底面には布状の圧痕が見られる場合があり、土器を作る時に布を敷いていたと考えられます。それらは現在の織物とは作り方が異なる編布(アンギン)と呼ばれるものもあります。土器と布は衣食住になくてはならないものです。
十日町市博物館は火焔型土器として知られる国宝の「新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器」をはじめ国指定 重要有形民俗文化財の「越後縮の紡織用具及び関連資料」や「十日町の積雪期用具」、十日町指定文化財の「越後アンギン及び関係資料」を所蔵し、多様で豊かな自然と歴史・文化について国内外に発信しています。古の人々はどんな目的でどんなものを作り、どのように暮らしてきたのかを知り、現在の私たちの生活を考える機会とします。

●スケジュール:
-----------------------------------
13:00  受付開始
13:30〜 「縄文時代と火焔型土器のクニ」「織物の歴史」について解説を聞く
14:30〜  秋季特別展「縄文時代の始まりを探る」と常設展示の鑑賞
16:00〜 参加者によるディスカッション
16:45   解散
-----------------------------------
●参加費:4,000円
●募集定員:30名
※ソーシャルディスタンスを保つための人数設定にしています。

●参加申込:下記期間中にairUコミュニティに申込フォームを投稿します。
申込受付期間:8月27日(土)13:00~9月2日(金)17:00
申込結果のご連絡は、9月3日(土)に学生infoの投稿にて学籍番号を発表します。
参加可者には後日あらためて連絡いたします。

★★★注意・重要★★★
コロナウイルス感染状況によっては、内容変更や中止となる可能性もございます。
あらかじめご了承の上、参加のお申し込みをお願いいたします。

■参加費について
・受講に際しては参加費が必要です。講座毎に金額を定めます。
・お支払い方法
→芸術学科・美術科・デザイン科、大学院の在学生については、後日ご登録口座から引落しさせていただきます。
→芸術教養学科の在学生、科目等履修生、卒業生・修了生については、当日現金でお支払いください。釣銭のないようにご準備ください。

■入館料・拝観料について
・入館料・拝観料は大学が参加者全員分を取りまとめて支払います。個別にご購入いただく必要はありません。

■JR学割証に使用について
・「収穫祭」へ参加する際に、JR学割証を使用することができます。JR学割証の申請については以下をご確認ください。必ず事前に「収穫祭」の参加申込手続をお願いいたします。「収穫祭」参加申込をお済ませでない場合は、JR学割証の発行はできません(受講「可」の方へ発行します)。 
・学習ガイド(pp.110~112)または、airU学習ガイド>7.学籍・事務手続き>JR学割証 
・科目等履修生、卒業(修了)生は使用できません。

■傷害保険の加入について
・「特殊な団体傷害保険・行事(レクリェーション)参加者の傷害危険担保契約」(東京海上日動火災保険(株))への加入手続きを取らせていただきます。加入手続きは全て大学が行います(保険料は大学負担、個人の手続きは不要)。
・保険概要 行事に参加している間の「急激かつ偶然な外来の事故」により、保険の対象となる方がケガをした場合に保険金が支払われます。詳しくは、保険の【重要事項説明書】および【約款】をご確認ください。
・収穫祭参加に際して当日ケガをした場合は、すみやかに通信教育部学務課へご連絡ください。

<問い合わせ>
通信教育課程学務課
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL:075-791-9141(10:00~16:00、日・祝 休)
FAX:075-791-9021
電子メール:question@air-u.kyoto-art.ac.jp

※写真:十日町市博物館提供

お知らせ

月別アーカイブ