airUキャンパス

airUマイページ

お知らせ

収穫祭@奥会津昭和村

2021.06.07

「はじめての昭和村」日本の原風景を残す里の美しき手仕事

●開催:2021年7月31日(土)
●集合場所:会津田島駅集合
 ※『道の駅からむし織の里しょうわ』内 織姫交流館玄関前に直接集合も可
●担当:栗本徳子(歴史遺産コース)
●現地講師:須田雅子氏

山深い奥会津で、日本の原風景を色濃く残す昭和村は、最高品質のからむし(苧麻)の生産地として知られています。からむしはイラクサ科の植物で、昭和村は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている「越後上布・小千谷縮」の原料供給地として、200年以上にわたり、からむしを畑で栽培し、茎の表皮からとれる靭皮繊維を生産してきました。
 今回は、道の駅「からむし織の里しょうわ」からはじまり、からむし工芸博物館、織姫交流館を見学後、昭和村の中でも特に良質のからむしを生産してきた大芦集落に移動。小グループに分かれて、からむし畑、からむし剥ぎ、からむし引きを見学する他、歴史を感じさせる集落の散策をしていただきます。
 3時間という限られた時間のため、内容としてはごくダイジェスト的にならざるを得ませんが、五感が活性化するような味わい深いひとときになるはずです。「はじめての昭和村」をきっかけに、村の魅力の一端に触れ、二度、三度と村を再訪していただきたいと思います。

11:30~11:50 会津田島駅集合・受付
11:50 会津田島駅出発。織姫交流館へ移動(玄関前・12:40現地集合可)
13:00 全体説明(収穫祭開始)
13:05~13:35 織姫交流館、からむし工芸博物館を見学
13:45~15:30 大芦集落に移動し、フィールドワーク
15:40~16:00 大芦福祉館でまとめ
16:00 大芦福祉館小出発。会津田島駅へ移動し駅前で解散(現地解散可)

●募集定員:20名

●参加費:8,000円

●参加申込: こちらの参加申込フォーム から下記期間中にお申込みください。
※申込期間:6/15(火)~6/22(火)17:00
※申込結果は6/25(金)にairUマイページのお知らせ欄に掲載します。卒業(修了)生はご登録いただいたメールアドレスへ連絡します。

★★★注意・重要★★★
コロナウイルス感染状況によっては、内容変更や中止となる可能性もございます。
あらかじめご了承の上、参加のお申し込みをお願いいたします。

■参加費について
・受講に際しては参加費が必要です。講座毎に金額を定めます。
・お支払い方法
→芸術学科・美術科・デザイン科、大学院の在学生については、後日指定口座から引落しさせていただきます。
→芸術教養学科の在学生、科目等履修生、卒業生・修了生については、当日現金でお支払いください。釣銭のないようにご準備ください。

■入館料・拝観料について
・入館料・拝観料は大学が参加者全員分を取りまとめて支払います。個別にご購入いただく必要はありません。

■JR学割証に使用について
・「収穫祭」へ参加する際に、JR学割証を使用することができます。JR学割証の申請については以下をご確認ください。必ず事前に「収穫祭」の参加申込手続をお願いいたします。「収穫祭」参加申込をお済ませでない場合は、JR学割証の発行はできません(受講「可」の方へ発行します)。 
・芸術学科・美術科・デザイン科・大学院の在学生:学習ガイド(pp.104~107)
・芸術教養学科・イラストレーションコース・アートライティングコースの在学生:airU学習ガイド>6.学習支援>JR学割・学外施設の優待>学校学生生徒旅客運賃割引証(JR学割) 
・科目等履修生は使用できません。

■傷害保険の加入について
・「特殊な団体傷害保険・行事(レクリェーション)参加者の傷害危険担保契約」(東京海上日動火災保険(株))への加入手続きを取らせていただきます。加入手続きは全て大学が行います(保険料は大学負担、個人の手続きは不要)。
・保険概要 行事に参加している間の「急激かつ偶然な外来の事故」により、保険の対象となる方がケガをした場合に保険金が支払われます。詳しくは、保険の【重要事項説明書】および【約款】をご確認ください。
・収穫祭参加に際して当日ケガをした場合は、すみやかに通信教育部学務課へご連絡ください。

<問い合わせ>
通信教育課程学務課
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL:075-791-9141(10:00~16:00、日・祝 休)
FAX:075-791-9021
電子メール:question@air-u.kyoto-art.ac.jp