airUキャンパス

airUマイページ

お知らせ

【ランド】特別公開講義(7/11(土))開催方法の変更について

2020.06.12

『雲母』5月号p.22でご案内したランドスケープデザインコース主催の特別公開講義(7/11(土))は東京外苑キャンパスでの開催を取りやめ、以下のコース、分野の在学生を対象としたZoomによる遠隔開催に変更します(事前申込不要)。

<対象コース・分野>
学部:ランドスケープデザインコースの在学生(休学生含む)
大学院:日本庭園分野の在学生(休学生含む)

<開催日時>
7/11(土)18:00-19:30(終了予定)

<会場>
Zoomによる遠隔開催

<Zoomアクセス情報>
対象コース・分野の在学生にのみ、開催日の5日前(7/6(月))までにairUマイページお知らせにZoomのアクセス情報掲載します。

<タイトル>
「ランドスケープデザインの原点としての自然そして日本庭園」
※「日本庭園から、今あらためてランドスケープデザインを考える」より変更しました。

<内容>
現在、わが国は東京オリンピックそして5年後には大阪万博をひかえ、あたかも1960-70年代のわが国の未来にむけた国土形成発信の状況を彷彿とさせる。しかし一方でなにか沸き上らないなにものかを感じているように思われる。そんな時は原点に返って考えてみることもある。日本庭園はランドスケープデザインの原点である。新たな発信を考えてみたい。

<講師>
粟野隆先生(東京農業大学)
髙﨑康隆先生(本学客員教授)
赤坂信先生(千葉大学名誉教授)