airUキャンパス

airUマイページ

お知らせ

収穫祭(鹿児島)尚古集成館 開催案内

2019.12.02

「江戸時代の薩摩藩と近代化」

●開催:2020年2月22日(土)
●会場:尚古集成館
※会場までのアクセスは、「尚古集成館」のwebサイトをご覧ください。

●担当:栗本徳子(歴史遺産コース)
    清水六兵衞(陶芸コース)

●現地講師
 尚古集成館館長 松尾千歳氏

●実施概要:鹿児島は、日本の近代化の先駆けとなった地です。とくに島津斉彬(なりあきら)は、本格的な西欧の科学技術導入をはかりました。1852年には、鉄製砲を鋳造するために反射炉を建設し、溶鉱炉、ガラス工場などをつぎつぎと築き、この工場群を「集成館」と名付けました。当時の機械工場の建物(重文)が、現在「尚古集成館」として博物館となっています。
 またこれに隣接する島津家別邸の庭園である仙巌園(せんがんえん)は、桜島を借景にした見事な大名庭園です。いずれも2015年7月に「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されています。
 今回は、尚古集成館館長 松尾千歳様に、江戸時代を通じて鹿児島という地域がどのような先進性を持っていたのかという新たな視点から、科学技術などの近代化を開いたその歴史についてお話をいただくとともに、仙巌園をご案内いただきます。
 薩摩焼き、薩摩切子などの優れた工芸品の数々を生み出してきたことも、こうした高い技術力を背景としていることがわかります。鹿児島の魅力を再発見してください。

●スケジュール:
12:30  受付開始
13:00~ 導入・全体説明
13:10~ 特別講演
14:40~ 質疑応答
14:50~ 仙巌園・尚古集成館 見学
16:30~ まとめ

●参加費:3,000円

●募集定員:40名

―――――――――――――――――――――――――――
■懇親会を行います。
収穫祭(鹿児島)では、講座終了後に懇親会を予定しています。はじめての方も顔なじみの方も、皆さんご参加ください。もちろん教職員も参加します。会場はご参加いただく人数により決めさせていただきます。会費は参加人数による頭割りです。18:30頃から開始予定です。詳細は参加可となった皆様へ後日ご連絡します。
懇親会への参加申し込みは、「収穫祭(鹿児島)」参加申込と同時にお申し込みください。
―――――――――――――――――――――――――――


—————————————————————

●当日の緊急連絡先:080-1520-9731

●参加申込: こちらの参加申込フォーム から下記期間中にお申込みください。

申込受付期間:12月9日(月)~12月16日(月)
申込結果のご連絡は、12月26日(木)を予定しております。
在学生の皆様には「airUマイページ」のお知らせでご連絡します。
卒業生の皆様にはメールでご連絡します。

<問い合わせ>
通信教育部学生課
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL:075-791-9141(10:00~16:00、日・祝 休)
FAX:075-791-9021
電子メール:question@air-u.kyoto-art.ac.jp