airUキャンパス

airUマイページ

令和 ∮建築デザインコース∮

渋谷区立松濤美術館 開館40周年記念 『白井晟一 入門』展のお知らせ

2021.10.28

皆さんは白井晟一という建築家をご存知でしょうか。
以下、松濤美術館のwebサイトから
白井晟一(1905~1983)は京都で生まれ、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)図案科卒業後、ドイツで哲学を学ぶなど異色の経歴をもつ建築家です。林芙美子などと交流した滞欧期を経て帰国後、義兄の画家・近藤浩一路の自邸の設計を手掛けたことを契機に独学で建築家への道に進みました。その後「歓帰荘」「秋ノ宮村役場」といった初期の木造の個人住宅・公共建築から、「親和銀行本店」「ノアビル」「渋谷区立松濤美術館」など後期の記念碑的建築まで、多くの記憶に残る作品を残しました。そのユニークなスタイルから哲学の建築家などとも評されてきました。
一方で、建築以外の分野でも才能を発揮し、多くの装丁デザインを手がけ、そのなかには「中公新書」の書籍装丁など現在まで使用されているものもあります。また著作や、書家としての活動など、建築の枠組みを超え、形や空間に対する思索を続けました。

個人的には彼が設計した御宅が近所にあり取り壊されるというので見学させてもらったことがあります。
彼に関する特別展が、第1部 12月7日(火)~12日(日)、第2部 1月25日(火)~30日(日))に分けて行われます。
詳しくは松濤美術館のWebサイトをご覧ください。
https://shoto-museum.jp/exhibitions/194sirai/

ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます

果たして、建築デザインコースの方がいるのか否か、、
通信教育ですと交流がない限りわかりませんので
せっかくのツールなので活かさせていただきます!

入学年度は気にしません!
令和入学の方はぜひ共に精進いたしましょう
それ以前の先輩方も参加いただけたら幸いです

お住まい、年齢、性別は全く関係ありません
先輩方にもぜひ入っていただけますと幸いです

方向性は人が集まってきましたら決めてゆきたいです
人ではどうにもできませんので^^;

建築デザインコースの方の交流の場を作っていきましょう
...もっと読む閉じる

一覧