airUキャンパス

airUマイページ

展覧会・イベント

53rd 新美 2021公募展 作品募集  会場 京都市美術館 本館2階北   

2021/5/25 Tue - 5/30 Sun開館時間:10:00~18:00 (最終日17:00迄)

私は、新美 事務局 公報担当 しています。
皆さま、 如何お過ごしでしょうか。新型コロナの影響で、新しい生活様式が奨励され人と人との距離が遠ざかっていると感じている方、仕事が減り、ついには職を失った方もいらっしゃるでしょう。
文化分野でもその影響は例外ではありません。昨年リニューアルした京都市美術館のオープニングも延期に次ぐ延期でした。私たちも美術館での「新美2020公募展」を中止せざるを得ませんでした。しかし、だからこそ、文化が、美術が必要とされるのではないでしょうか。あなたの喜びや希望、切ない思いや愛おしさを、あなたの思いを込めた作品が誰かの力になる、誰かの気持ちに寄り添い、励ますでしょう。作品を作り、発表する事で誰かと繋がり、やがて世界とも繋がるのでしょう。私たちは多くの皆さまの作品が様々な表情を見せ、この会場を豊かに彩りたいと望んでいます。
私たちの「新美公募展」はアンデパンダンの精神に基づき、自己の世界観を自由に表現し、発表することを何より大切に考える美術の総合展です。「アンデパンダン」とは、独立している、どこからも拘束を受けないという意味です。あなたの作品発表の場であり、切磋琢磨の場、作者と鑑賞者を結ぶ交感と交流の場でありたいと願っています。「新美公募展」は1967 年開催の「新京都美術展」を引き継ぎ、広く市民に開かれた公募展として親しまれ、今展で53回目を迎えます。
主催団体の「新美」は、絵画、写真、書、工芸、彫刻、造形などの多くのジャンルを持ち、幅広い人々で構成されています。「新京都美術展実行委員会」から1993年に会員制の「新美」に移行して以来、常に自主的で民主的な運営を心掛け、結成29年になります。「新美公募展」は会員だけでなく、平和、自由、生活の向上を求め、真に自由で豊かな創造をめざして制作に励む人々の美術の総合展です。
「新美2021公募展」はリニューアルした京都市美術館本館2階北での開催です。会場使用料は大幅に値上がりましたが、出品者へは金銭的負担をかけないよう、出品料は3点以内6,000円で据え置きます。多くの出品者の作品で会場を埋めたいと願っています。平和を求め、表現の自由を謳歌せんとする「新美公募展」を公的な「京都市美術館」で継続して開催する意義は小さくないと考えています。
私たちは皆さまと共に「新美2021公募展」を個性的で多様な世界観・価値観を内包する作品の交流の場とすることで、文化・美術の普及と向上に少しでも資するよう願っています。鑑賞者の方々もたくさんの作品との出会いを楽しみにされていることでしょう。皆さまの心を込めた作品を心待ちにしています。皆さま、くれぐれもご自愛くださいませ。            
公募企画展テーマ「核兵器禁止条約とわたし」
 企画趣旨 1月22日に核兵器禁止条約が発効しました。新美は核兵器廃絶と平和を求め「反核・平和のための小品展」を毎年開催し、収益から被爆者カンパを続けてきました。皆さまのご協力により昨年で35回展を終えることができました。核廃絶への第一歩として、核兵器禁止条約の発効は明るい希望です。そこで、核廃絶への歩みを続けるために皆さまの核兵器廃絶への願いや平和への思いを込めた作品を企画展として公募することにしました。新作、習作を問わず、過去の作品でも構いません。今展の企画展作品全体を通して平和の尊さ、核兵器廃絶への思いが深まれば誠に幸いです。


ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます