airUキャンパス

airUマイページ

展覧会・イベント

シャンカル・ヴェンカテーシュワラン『インディアン・ロープ・トリック』(世界初演/演劇作品)

2020/2/22 Sat - 2/23 Sun

演出:シャンカル・ヴェンカテーシュワラン
『インディアン・ロープ・トリック』(演劇作品/世界初演)

KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMNでの『水の駅』(2016)、『犯罪部族法』(2019)が注目されたシャンカル・ヴェンカテーシュワランが、再び京都芸術劇場で新作を世界初演します。

詳細は京都芸術劇場ホームページをご確認ください
http://k-pac.org/?p=8888

【会場】
京都芸術劇場 春秋座 特設客席

【日時】
2020年2月22日(土)・23日(日・祝)14:00

【チケット発売中!】
・一般        3800円
・学生&ユース    2500円

===========
共同幻想は人をどこに連れて行くのだろうか

シャンカル・ヴェンカテーシュワランは、切実に世界を見る人である。彼は南インド・アタパデイの山奥に住みながら、演劇というバスケットを携えて、人々に出会いに行く。俳優、建築家、音楽家、舞踊家、それぞれの存在の中にインドの現実を見出し、強い眼差しで見る。社会の制度が個の身体に深く作用し、それぞれの生きる姿勢、あり方を決定づける事に深く注意を払い続ける。その結果、彼の作品に参加する俳優は、様々な問いを背負って作品作りに加わることになる。過去、京都芸術劇場 春秋座で上演された『水の駅』(2016 年)、studio21 で上演された『犯罪部族法』(2019 年)の2作品いずれもそうした出会いの瑞々しさに溢れていた。

シャンカルは、現在も様々な問題を内包し流動するインドの現実、多数の民族あるいは階層が存在する世界にあって、この作品作りにあらためて挑戦しようとしている。私たちの社会にあって多数派は自らの支配のために物語を作りだす。過去にあっては、大きくは神話であったかもしれないし、庶民の暮らしの中では大いなる幻想の出現というドラマであったかもしれない。日本にあっても過去、更に近い過去にもそうした事を見いだすことができる。今回、京都が初演となる本作品では、古くより人々の幻想を掻き立てた「インディアン・ロープ・トリック」という魔術をめぐる物語をメタファー(たとえ)とし、さらに南インドの口承叙事詩を用いながら、彼自身が生きるインドの現実を深く分析し、批評し、悩み、混乱そのものを引き受ける。この出発点から、シャンカルとその仲間は私たちが生きる現在をどのように透かし見せてくれるだろうか。

舞台は、典型的なインドの田舎の市場と設定される。観客はおそらくその広場の民として招かれるのだろう。象や蛇使いなどいかにも“インド”らしい人々やモノがひしめいている。突如、魔術師によるロープを使った見世物が始まる。インディアン・ロープ・トリックである。このトリックにまつわるいくつもの物語が語られる。しかし、一転して南インド口承叙事詩がインドの抜き差し難い歴史の現実に観客を招き入れる。天空に向かってあがっていく魔術師、地球の地下深くに降りてゆく不可触民(アウトカースト)の聖者――天地真逆のベクトルへ向かう二つの物語――これらに潜む、ヒエラルキー、排除、暴力など今日も取り巻く複雑な社会構造を、シャンカルが演劇という抽象性を豊かな武器にして春秋座舞台に展開する。私たちの共通の未来のために。

上演言語:英語・カンナダ語(日本語字幕つき)
客  席:円形客席(舞台上特設)

===========


ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます