airUキャンパス

airUマイページ

展覧会・イベント

高野山まちなか美術館ー絞りの技・藍の美 

2019/10/16 Wed - 10/20 Sun9時〜16時(最終日15時まで)

高野山世界遺産登録15周年・弘法大師号授与1100年の今年 高野山まちなか美術館としてシボリコミュニティ第22回合同展が開催されます。
シボリコミュニティは 400年以上に渡って伝承されてきた絞り染め技法の新たな可能性を求めて 1985年名古屋で結成以来 国内外で 作品展を展開してきました。現在 会員約80名 東京 名古屋 京都 広島 福岡 北九州の6か所に拠点を置き「古き」に学び「今」をどう表現するかを一番に考えて制作しています。
今回 高野山まちなか美術館では 山内3箇所の会場 以下の内容で展示を行います。
 ① 高野山真言宗総本山金剛峯寺 新別殿 (タペストリー約60点)
 ② 中門再建作業館 (海外作家作品)
 ③ 宿坊南院 (浴衣、パネル作品)
   ※金剛峯寺新別殿への入場には 拝観料が必要となります

10月半ば 秋の高野山 天空の聖地を散策したり 宿坊で精進料理など楽しみながらのご鑑賞はいかがでしょう。

高野山へは   大阪難波から南海高野線ー南海ケーブルー山内バスのほか
        京都から直行の高速バスもあります
       


ログインするとコメントが表示されます

コメント
画像添付
ファイルを選択

ログインするとコメントを投稿できます