airUキャンパス

airUマイページ

受賞報告

第77回春の院展 日本画初入選

 制作が進むと、「少し前の色が良かったなあ」と時間を戻したくなるときがある。「破れてもいい」と覚悟を決めて風呂場で全面を洗い落としてみた。直後は、ふにゃふにゃだが乾くとピンと張り、時間が戻った。日本の和紙の強さに感動した。古の先人たちに感謝。
 「春の院展」は、作品のサイズが二種類に統一されていて、会場全体の空気が整っているので好きな公募展のひとつだ。約一年かけて全国15箇所も移動する巡回展は、個展に多額の費用をかけられない学生の私にとってはありがたい。ただし、全作品が確実に展示されるのは東京の会場だけらしい。
 
 東京展 三越日本橋本店 3月23日(水)~4月4日(月)
 日本画「道草」40S(1000×1000)岩絵具、膠、墨


ログインするとコメントが表示されます