airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 空間演出デザインコース

小泉 そよか

光風雨雪

プロダクト

光・風・雨・雪は、一瞬一瞬の変化を生じさせ、その変化は風景になる。ふれることは、その接点で直接的に認識し、空間と、その空間にいる自分の存在を確かめることができる。風景の触覚的特徴に着目し、紙を加工することによって、ふれて、光・風・雨・雪を感じる身近なプロダクトを制作した。