airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 ランドスケープデザインコース

太田 小夏

SANPO HUB ―さんぽを通じて地域を楽しむための公園施設―

4.1ha
基本計画・設計
住宅地の中に放置されている雑木林を改修し、生活に密着した、日常の延長線上としてのさんぽを楽しんでもらえる住民のための施設を構築する。HUBを中心とした住民・地域・自然のエコシステムを生成し、近隣から広域への複数展開を行う。将来的には、長距離のさんぽ文化を創り出すこと、緑の管理・活用の広域連携の実現を目指す。