airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 建築デザインコース

中山 理沙

路地、切妻屋根で愉しむ多世代共生の拠点 ーシニアがつなぐ伝統ー

「シニアが役割を持って快適に過ごせ、若年世代にとっても快適な空間」を計画した。石畳や曲がりくねった形状で誘い込む路地、切妻屋根など、神楽坂(計画地)の空間の特徴を取り込んだ。各室は周囲の道・建物や動線に合わせ様々な向きにしたが、敷地の東西を貫く路地を軸とし、大きな面積を占める演芸場を核にすることで建物に一体感を持たせた。