airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 建築デザインコース

宮坂 通彦

Revitalizing station 駅の活性化 ―交流の渦の中心を目指して―

上諏訪駅とその周辺地区の活性化を目指し、地域住民や来訪者等の人々が自然と集える駅舎と広場を設計した。人々が集えばそこに集会や輪ができる。沢山のアイデアが生まれ、人々の絆ができ、行動に繋がってゆく、それはやがて大きな渦となり街が活性化してゆくはずだ。そのような願いを込めて建物を設計した。