airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 建築デザインコース

原田 貴公

Halu(波留) ー波の留まりがつくる過去と未来のつながりー

かつて船による運搬で商業や漁業・水産加工業など港町として栄えていた白子地区。産業の発展には常に海の恩恵を受けていた。しかし、時代とともに忘れ去られ、まちはさびれてしまった。海の恩恵を思い出し、新たな産業の開拓の基盤となる集客拠点として、波になぞらえたスロープがつなぐ複合施設一体型駅舎によりまちの賑わいと活気を取り戻す。