airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 建築デザインコース

丸谷 愉以

広場・路地・ニッチを持つ集合住宅

都市と住まいを隔てる堅固な境界は、都市空間からは居場所を、住空間からは風や光の心地よさを奪っている。この境界に代えて「距離感のデザイン」によって住空間を作ることを試みた。この集合住宅には都市のオープンスペースである「広場」が入り込み、住空間は「路地」と「ニッチ(小さな居場所)」によってその広場と繋がり、また距離を取る。