airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 写真コース

大沼 二郎

EVACUATION HILL

デジタル
インクジェットプリント
東日本大震災から10年。沿岸部一帯に点々と出現したのがEVACUATION HILL、避難丘である。それは津波襲来の際の一時避難のための施設で、本来の機能を発揮しないことを期待されつつ今日もたたずんでいる。その、風景に与える少しの違和感こそ、復興したかに見えるその場所が、被災地であるということを象徴しているのだ。