airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 写真コース

小峰 秀樹

Impossible Boundary

デジタル
インクジェットプリント
本作は階層秩序的二項対立のシステムであるプラトン主義形而上学を脱構築させ、我々の創り出した世界のロゴス中心主義の象徴として都市を捉え直し、都市そのものを相対立する二つの項として視覚化させ、可変的、流動的であり決して交わることのない差延の像を生み出し続ける“決定不可能な境界線”を表出させたものである。