airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 染織コース

加藤 陽子

遠い記憶 ー再生ー

着物
絹/天然染料/平織
真夏の太陽に照らされどこまでも続く桑園の青い波、凍てつく冬には葉も落ち、こぶだらけとなる桑の幹は、しかし、確実に次の春への力を宿している。古くから養蚕業が盛んな群馬県には上州式座繰り器を使って、繭から生糸を挽く繰糸法がある。座繰り糸は、素朴だが力強い。まるで、上州の女衆のようだ。