airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 染織コース

今村 明実

ある視点で ーあわいを視るー

法被 2着
綿/反応染料/型染
日本の花である椿をモチーフに、日本の伝統衣装である法被を制作した。一方は遠景、他方は近景で表現した。一つの物事も見方を変えることで異なる観点が生まれる。そして、様々なもの、こと、空間、視点が混ざり合う中には、あわい(間)が潜む。