airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 陶芸コース

関 能之

成長過程 ーProcess of growing 成長の船ー

23×44×11cm
赤土/焼き締め・二酸化マンガン/還元焼成/削り落とし
入学時の陶芸未経験から4年間の時間経過を形と色彩で表現する。成長度合いを坂道で黒からの濃淡で全体形を船でイメージした。技法は塊からの削り出し制作として、使用する土は地産の常滑陶土から赤土と大物土2種類を50%配合、色装飾は素焼き後に二酸化マンガンを塗布し、還元焼成で焼き締め焼成をした。