airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 洋画コース

野村 圭市

妻籠宿

162.0×130.3cm
キャンバス/油彩
旅行で訪れた中山道の宿場町の風景を描いた。昔からのものではなく1970年頃に解体修復された建築物であるが木の雨戸やひじ掛け窓、高欄、お宿ののれんなどは古民家の風情を持っている。木の葉が少し色づき枯れ葉が落ち始める初秋の雰囲気を描いてみた。右手前方のお宿のどっしりとした構えと奥に続く道に沿った民家の対比を描いた。