airUキャンパス

airUマイページ

佐々木 カツ子

存在

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 旅先で出会ったバナナの木に圧倒された。威風堂々とした姿、中でも四方八方にのびた大きな葉の力強い葉脈、朽ちても揺るぎ無い姿に、生きる力を重ね合わせた。その時の感動を表現したいと思い、描いた。

足立 麻祐

かたほとり3

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 街でこういった光景を目にすることはないだろうか。放置カートを通して、日常の中に溶け込んだ無意識のうちに見ている世界を描こうとした。ありふれた場面を切りとったことで、期せずして現実を見る自分自身の姿勢とも向きあえた。

松本 縁

ハナカマキリ No.2

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 形が独創的なカマキリはずっと拘って描いてきたモチーフです。ハナカマキリは擬態します。花によって色を変え、その色が美しすぎて魅了されました。しかも幼虫期と成虫では形も色も変わるのです。その両方を暖かいほんわかとした画面に共存できたら良いなと...

渡邊 恭子

私の大切な物がいっぱい

162.0×130.3cm キャンバス/アクリル・ミクストメディア 風が強く色とりどりの落葉が舞い、不思議な美しい世界を描いていく。その中には、私と私の大切な物がいっぱい渦巻いている。

安田 弥生

竜胆

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 モノには様々な「視点」があり、それらの「視点」を組み合わせることの面白さを学んだ。「視点」は、一方向だけに縛られることはなく、複数の「視点」を絵の画面では混ぜ合わせることもできるし、あえて描かないという選択もできる。また、自分で新しい「視...

植草 正利

WALL

130.3×162.0cm キャンバス/アクリル 空間と空間を遮るのが壁の役割なら、その壁の向こう側を覗いてみたい。越えて、壊して、透過して。壁の厚さや高さや構造によって一番適した方法を模索して。時間は掛かるかもしれないし、もしかしたら辿り着けないかもしれないけど、向こう側にはきっと...

大前 紀子

光芒

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 これから先、ずっと描き続ける決意を込めた。手で描けなくなれば足で描き、それが無理なら他の方法を考える。描く行為の象徴として手に光を当てた。今後、どんな暗闇があったとしても、この光は失わないように進んで行く。私にとって、一番大切なものを表現...

林 美貴晴

消え去った時を旅して ー街のほうへー

162.0×130.3cm キャンバス/アクリル 卒業制作では、大学在学中に描いた作品を振り返り、その時の想いを活かしながらセルフカバーをしたいと考えた。そんな時に出会ったのが一枚の絵。パウル・クレーの≪パルナッソスへ≫であった。その切符となる一枚の絵を握りしめて、私の消え去った時の旅...

金井 兼子

石畳のある道

162.0×112.0cm キャンバス/アクリル この作品は、私の家の近くの建築家、遠藤新による阪神間モダニズムとF.L.ライトの理想を今に語り伝える甲子園会館の庭です。前身は甲子園ホテルで、開業は昭和15年だったそうです。石畳の石は苔との調和にも美しく、石組が面白くて私の好きな場所です...

杉山 裕子

華カンナ

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 好きな色はいろいろあるが特に赤が好きである。植物園で見た赤いカンナに感動し、卒業制作にこのカンナの花を描いてみた。赤いカンナの花は見る人を圧倒し美しい。赤色にも多種多様な種類があるので、今後一層赤色の持つ魅力を、絵を描くことによって探究し...

野村 圭市

妻籠宿

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 旅行で訪れた中山道の宿場町の風景を描いた。昔からのものではなく1970年頃に解体修復された建築物であるが木の雨戸やひじ掛け窓、高欄、お宿ののれんなどは古民家の風情を持っている。木の葉が少し色づき枯れ葉が落ち始める初秋の雰囲気を描いてみた。右手...

平井 綾香 【学科賞】

My Favorite things ーShoesー

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 自分の好きなもの、目に映る美しいと思ったものをキャンバスの上に表現したい。出来ることなら、それを誰かに共感してほしい。これからも知らなかったものにたくさん出会って、刺激を受ける。好きなものも変わる。だから。今の自分が好きなものを自分の色で...

金城 典子

明けゆく

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 「朝のリレー」という詩がある。夜から朝がバトンされ、朝は地球の別の場所から次々とリレーされている。私たちの日々の日常は、こうした当たり前の事がいつも通りに訪れる事で成り立っている。この日常は奇跡である。夜の名残の灯りと、明けゆく空の予感に...

小川 恵子

窓から

162.0×130.3cm キャンバス/アクリル 自分でも解らない自分の心の内。その様な物を表現したくて制作しました。自由と個性と多様性を感じて頂けたら嬉しいです。

有田 樹里

感結泉 ー溢れ出すものー

160.6×130.3cm キャンバス/油彩 不思議な形態をしたものや美しい色彩を目にした時、ついつい筆を握ってしまう。これは自身の源泉であり感性を結ぶ泉を描いている。

田中 直美

動き出す、今

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 現代バレエやダンスの身体表現の、一瞬の動きをモチーフにした。大勢の人により制止される人を群像で表したもので、人物の形や手の動きが面白いと思った。欲しいと思うところをモチーフで埋めていった。上から、左右から手のざわめきが流れ出して来て、ぶつ...

保本 義次

伊根の舟屋

130.8×162.0cm キャンバス/アクリル 京都北部、伊根町の舟屋群。舟屋は一階が海、船のガレージ、二階は二次的居室となった独特な建築構造であり、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。伊根の舟屋が明らかに判らずとも海と舟屋のコントラストを試み、それを画面の対角線上に、何も...

竹内 厚子

ある記憶・または幻

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 天井の上に何があるんだろう?オバケが隠れているのかもしれない。怖いなあ、でも行きたいなあ。遠い昔の納屋の天井裏への興味が、年月を経てよみがえった。今はそこに、膨大なワラの山があるのを知っている。存在を主張しているかのように。

阿部 富香

車窓からハルカス!!

130.3×160.6cm キャンバス/油彩 手前側のシートに座った人物の視点で描いています。しかし、それぞれの人物は真正面から、車窓の風景は向いの窓ギリギリに近寄って見えたもの。端に行くほど楕円に見えるはずのつり革も、すべて真円に、たくさんの場所から見えたものを一つにした作品です。...

中道 智美

楽しかった日々

162.0×130.3cm キャンバス/油彩・アクリル 昔々ある鉱山で、多勢の労働者が過酷な作業をしていました。しかし、その辛くて重労働の分、毎日お祭りの様な楽しい裕福な生活が出来ました。しかし、資源が減り仕事が無くなり、閉山されてとても寂しくなりました。そこに昔を懐かしんで命を吹き...

長光 眞弓

A Stranger in the Night

162.0×130.3cm キャンバス/油彩・コラージュ 卒業制作には、抽象表現主義の画家「リー・クラズナー」の作品に出合って以来、コラージュ抽象作品にすると決めていました。コラージュを貼っては剥しの繰り返しで、キャンバスの表面が剥がれてしまう程試行錯誤を重ねたマチエールの質感は、今...

佐藤 裕紀

Sunlight

130.3×160.6cm キャンバス/油彩 街を歩いていると思いがけず心惹かれる光景に出会う。多くの場合それは特別なものではなく、日ごろ目にする見慣れた街の風景だ。しかしそこに佇む存在感や現実感は確実に私の心を動かしている。いったい自分はその光景の何に魅了されているのか。二次元と三...

小池 敦子

はるのひざし

162.0×130.3cm キャンバス/油彩・オイルバー・コラージュ・蜜蝋 どんなに辛くても、悲しくても、守ってくれる人がいる。助けてくれる人がいる。「ありがとう」…心を込めて感謝の気持ちを伝えたい。そして少しでも楽しく明るく過ごしていかれるようにこの絵に「祈り」をこめて。

堀 光好

歪みの世界

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 ワイングラス内の歪みの世界観を強調構図で。質感も深みと勢いのある、大胆な力強い表現に仕上げた絵肌のキャンバスは、ザラザラとした絵具を載せ、重みと質感(マチエール)が魅力的な作品に完成。70歳過ぎ、洋画制作に拍車を掛け、情熱的に探究し、果敢に...

滝崎 常雄

向日葵

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 私の「向日葵」は向日葵を人間に置き換えて描いた作品です。4本の向日葵の役割は、上の2本は主役と考え、一番美しい時期と捉え、左下の向日葵は枯れかかった向日葵で、右下の向日葵は枯れた向日葵で人間の一生を描いています。

蚊谷 美智代

大池 夕景

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 静かに佇む池と、その周辺をぐるりと囲んだ遊歩道のある公園。いつもの散歩道である。水面には光る木々、水際には背の高い水草が群生している。鳥の声を聞きながら、癒される時が過ぎて行く。それらの風景を重ねる色で表現した。

奥山 守

貝殻と小石

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 この作品は帰宅途中に通りかかった道端に落ちていた貝殻や小石を描いたものです。ペインティングナイフで形を作り、細かな描写はサンドペーパーで削って質感や量感を表しました。光彩はピンク色や光沢のある金や銀の絵の具で描き、影や陰は青色を混ぜて描い...

愛場 俊司

ENSEMBLE

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 日本人に馴染み深い干支たち。全身は白色で覆われ、まるで神々の使者のようだ。彼らはこれからアンサンブルを奏でる。どのようなメロディが流れ出すのか。心を鎮めながら耳を澄ます。

根岸 亮治

アジサイの咲くころ ー現在・過去・未来との共存共生ー

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 毎年、アジサイの咲く時季に訪れている寺院の参道で出合った一瞬の光景。突然雷に打たれたかのような衝撃を受けた記憶が残っている。予想もしていない瞬間が目の前に出現した。この時の驚きの時間と空間を何とか絵にして留め置こうと思った。色彩の幅と、明...

金 淳美

あれから、

162.0×130.3cm キャンバス/油彩 たくさんの思いがぎゅーーーっとつまった瞳。見つめる先には、いつだって朝日がのぼりますように。

寺井 岸子

もののけ道中記Ⅱ ーパラレルワールド・海と空ともののけたちー

130.3×162.0cm キャンバス/油彩 青い海。青い空。美しい景色に引き込まれると、別の世界に迷い込んでしまうかもしれません。パラレルワールドにようこそ。自身の2つの故郷のシンボルである宮島と太陽の塔を舞台に、何処ともなく現れる妖怪たちの旅の記録を描きとめました。