airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 日本画コース

石田 由紀子

この仁義なき世界の片隅に ーお好焼屋にあると胸がじんわりする風景ー

100.0×130.4cm
紙本/岩絵具・水干絵具・墨・金箔・銀箔
結婚20年の夫婦の心象を二匹の狼で表現。過去・現在、金・銀箔と対比し2枚制作。背景は2窓景、故郷広島呉市の瀬戸内夕景と東京ビル群・明治神宮の森の夕立。狼の佇い距離表情でこの20年共に戦った二人の歴史を表現。こんな時代に故郷を後にし都会の片隅で懸命に生きる人の心がじんわりし希望ある景を目指した。表題は呉市舞台の映画風に。