airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 日本画コース

山田 明子

97.0×162.1cm
紙本/岩絵具・水干絵具・墨
ほのかな香りと共に幻想的な紫色の藤はあたかも宝石とみまがうほどのあでやかな姿で早春を装う。曲線の美しい幹や枝は繊細な佇まいで花房のカーテンを引き立たせてくれる。花を支える枝があり枝を支える幹があり、幹を支える根があって素晴らしい景色がみえる。そんな絵を描いてみたいと挑戦しました。