airUキャンパス

airUマイページ

2020年度 日本画コース

土田 厚子

来し方を想う

130.3×162.1cm
紙本/岩絵具
日頃、眼にする庭の石を題材に選びました。大きな石は一部が大きく崩れ時の流れを感じさせます。白い石と黒い石は対の様に置かれ来客を迎えています。朝日夕日、日盛り、雨の日、曇り日、春夏秋冬と石はそれぞれに表情が有り、描きたいと心に秘めていました。黙して語らぬ石たちの来し方を想像し、描きました。