airUキャンパス

airUマイページ

イタリアのフィレンツェ、16世紀初頭における画家 ロッソ・フィオレンティーノについて
シュザンヌ・ヴァラドンの特異性 ー女性がヌード画を描くことー
19世紀末芸術改革運動の中で生まれたアーティスト・ジュエリーの特殊性 ールネ・ラリックとヨーゼフ・ホフマンを例にー
我が唯一の望み ー《貴婦人と一角獣》に込められた想いー
マルセル・デュシャンにおける芸術の思考 ー1910~1920年代の制作作品・特に《大ガラス》を中心にした一考察ー
バラの香りとその文化史
『不思議の国のアリス』 ー挿絵とアニメーションー
アイルランドと日本の「渦巻文様」 ー芸術と呪術のはざまー
新しい介護のカタチ アートカルチャーケア「暦ケーション」
エドゥアール・ヴュイヤールの室内画について ーそのアンティームな世界ー
美術館での展示が語ること、展示に求められること ー「井上雄彦 最後のマンガ展」を中心に考えるー
曾我蕭白「鷲図屏風」について ー鷲が猿を捕える画題とその意味をめぐってー
いわゆる鉈彫像の成立について
荻須高徳 ー第二次世界大戦時中の創作と戦後の創作についての考察ー
菊池契月が目指した美
伊藤若冲の受容史に関する一考察
17世紀オランダ絵画における風景画の成立 ーフェルメールの《デルフトの眺望》の制作についてー
日本における障がい者アートの芸術的役割と社会的価値 ー障がい者が創り出すアートの魅力とさまざまな実践のなかから見える未来ー
インターネット時代の視覚文化論 ーマーシャル・マクルーハンのメディア論を通して読み解く ー
曾我蕭白「鷹図」における考察 ー落款との関係性を中心にー
西洋絵画における色の研究 ー聖母マリアの服はなぜ青と赤になったのか。特に青に着目してー
三十三間堂の二十八部衆について
現代アートと社会への希求 ─負の記憶を伝えるアートの役割とは─
手塚治虫作品における怪キャラクターの意味
龍門造像記の書風について