airUキャンパス

airUマイページ

2019年度 建築デザインコース

山下 鈴代

非日常の空間で五感を研ぎ澄ます

以前より、カタチのないものを建築化したいと考えていた。計画敷地は日本の神話の世界を象徴する場所。「陰」と「陽」対の存在である山と神代、そして陰陽石。しかしこれらは土地を読みといたのであって、文献等が存在するわけではない。ゆえに多くの人がその神秘を知らない。ここに来て神秘を感じ五感を癒す非日常を体験できる参道を計画する。