airUキャンパス

airUマイページ

2019年度 建築デザインコース

杉野 慎平

現代の集住 ー楽器職人のための職住一体型集合住宅ー

いま、集住という形態は一般的ではないものの、コミュニティづくりや仕事の効率性ではなお優れた面があると考えている。こうした集住を現代でも通用するようなものとして、日本最大の楽器の町という計画地/浜松市の特色を生かし、楽器職人の住む場所|製作する場所|演奏する場所の三機能をもった空間を提案した。