airUキャンパス

airUマイページ

2019年度 建築デザインコース

松浦 彗帆

topography, 17 gardens & museum ー博物館の建て替え計画ー

僕は今、地形というものに興味がある。なぜなら僕らの身の回りの風景とか景色は地形の変化でできているからだ。その地形の変化の違いによって、世界遺産になっているような壮大な景色であったり、美しい風景が生まれている。そんな自然の壮大さを感じる建築の空間とは一体どんなものなんだろうか。僕はそれをみてみたい。