airUキャンパス

airUマイページ

2019年度 建築デザインコース

方山 雄介

都市農地と暮らす ー生産緑地を介した暮らしー

都市農地は、単に作物の生産だけでなく、市民の農業体験や眺望の確保、延焼の軽減など都市の住環境において多くの役割を担っている。しかし後継者不足、農業生産の収益性の低さから都市農地の減少が危惧されている。生産者の収益性を高め、農地周囲の住民の生活をより豊かにするため、都市農地と周辺住居の関係性を繋げられる建築を試みる。