airUキャンパス

airUマイページ

2019年度 建築デザインコース

今村 厚子

徒歩10分の町に暮らすこれから ー阿知須旧市街地のひろばづくり・みちづくりー

瀬戸内海に面した阿知須旧市街地は、徒歩10分以内で生活ができる利便性を持つが高齢化という問題を抱え、歴史的に価値のある町並みは変化の瀬戸際にある。車に頼らず生活できる賑わいのある町を取り戻すことを目標に、次世代につなげるための建築的な試みとして、求心的な『ひろばづくり』と魅力ある『みちづくり』を二本柱として試みた。