airUキャンパス

airUマイページ

2019年度 卒業制作・卒業研究 作品・論文集

2019年度 和の伝統文化コース

『紙本著色千葉妙見大緑起絵巻』における千葉妙見と様々な神仏達
なぜ茶道具は博物館資料になったのか ─松永耳庵の場合─
ラジオ体操とその現代的意義 ─ラジオ体操を通して見えるもの─
清元「北州千歳壽」に見る ー振付の美学ー
茶道を学校教育に ─小学校にフォーカスして─
日本語とコミュニケーション ー筆談に注目してー
現代日本にふさわしい茶道─おもてなしのカタチ
天童織田藩と将棋駒産業との関わり
祭の重要性
 ー大阪天神祭の場合ー
江戸時代の菓子製法書に関する一考察 ー菓子製作の実践を通してー
明治初期の京都の初等教育について
古代木彫像における樹種に関する考察 ークスノキを中心にー
能楽 観世流小鼓の演奏手法(楽譜)の変遷 ー江戸時代と現在─
2・5次元ミュージカルにみる「日本文化」の行方 ー歌舞伎との対比からー
近代における「花」のありよう ー女性文化への浸透の視点からー
長良川鵜飼の保護策について考察する ー伝統文化価値・商業資本価値を踏まえてー
能楽とロック ー伝統芸能とポピュラー音楽の繋がりー
近世初期の筑前の芸能 ー語り物音楽を中心にー
有松・鳴海絞りの継承に関する一考察 ー三大木綿絞りの系譜と様相からー
神呪寺如意輪観音坐像について
落語から考える文化の継承 ー演目「たちぎれ線香」から見えるものー
踊りで繋がる和(なごみ)の伝統文化の輪 ーあゝ 我が人生に盆踊りありー
茶の湯の精神性とする「感応の美」とは ー具現化された陰陽五行思想の一考ー
茶の湯にみる「松風」
里神楽における伝承の課題 ー相模里神楽垣澤社中を例としてー
現代に生きる歌舞伎 ー『人間万事金世中』を通しての考察ー
能楽における大鼓の技法・演出とその伝承について ─葛野流大鼓方 川崎九淵から亀井広忠まで─
日本人と香りの美 ー日本人の香りに対する感受性についての一考察ー