airUキャンパス

airUマイページ

川端龍子の戦争画 ー「太平洋」、「大陸策」、「国に寄する」、「南方篇」の四連作と戦争記録画ー
遣い手 ―人形遣いをめぐる省察―
人生の通過儀礼における「白」の衣装の展開について
香月泰男の遺したもの
20世紀バレエの開拓者ジョージ・バランシンの革新性と伝統性について ープティパ、バレエ・リュスとミハイル・フォーキンからの系譜ー
神護寺所蔵《山水屏風》に関する一考察
パウル・クレー(Paul Klee)の抽象絵画作品にみる美術と音楽の接点
松本竣介研究 ー「子ども」の作品を手がかりとしてー
『おくのほそ道』を絵にした画家たち
博物館資料のデジタル・アーカイブの利活用についての一考察
鳥は田中一村たり得るか ─奄美時代における鳥を中心とした作品の考察─
日本の伝統芸能の継承と普及について ─犬王の天女舞を軸に─
藤田嗣治にとって戦争画とは何か ─歴史画として見る《アッツ島玉砕》─
岡本太郎によるマルセル・モースの知の実践
モネとセザンヌを輝かせた陰の立役者
ジェームズ・タレルの作品の特徴と意義に関する一考察
芸術祭の世紀 ─変遷と21世紀の提言─
衣を脱ぎ去った聖人 ─聖セバスティアヌスの図像表現の変遷─
花道の中の「古流の花形」について
熊谷守一の小さい油彩画と署名に関する考察
“有元利夫らしい絵”についての一考察 ─風化をもたらす画面─
ソフィア・コッポラの少女表象 ─『ヴァージン・スーサイズ』と『ビガイルド』から読み解く─
近代日本画の技法「朦朧体」の成立過程における一考察
憑着する〈魂〉、幻視される〈神々〉 ─「類化性能」の視線から─
山下りんの《最後の晩餐(機密の晩餐)》における「イタリア画」と「ギリシャ画」の違い
小学校における美術鑑賞教育 ─対話型鑑賞と表現の一体化プログラム─