airUキャンパス

airUマイページ

有本 匡志

不本意

130.3×162.1cm 紙本/岩絵具 角が薬剤になると乱獲され数が減り続けている犀の屍図。角は爪に似たもので徐々に伸びてくるにも関わらずなぜ命を奪ってしまうのか。麻酔が効かなかった時のリスクを避ける為、殺して動かなくしてから楽に作業を行うのだそう。保護団体が予め一頭ずつ角を切り落...

松下 綾

「天稚彦草子絵巻」 模写

32.5×50.0cm 薄美濃紙/墨・膠・岩絵具・水干絵具・金泥・銀泥/額装 ベルリン東洋美術館/室町時代(15世紀)/絵:土佐広周 「七夕」の由来を主題とした御伽草子。ただし、織姫は長者の娘、彦星は天の皇子となっている。娘が天衣と昇り、星々(ゆうづつ、ほうき星、すばる星、?)に帰っ...

大藏 眞美子

いつも心が晴れてありますように

170×91.0cm 紙/岩絵具・水干絵具・墨・鉛筆 夏の殺人的な暑さの中でこの木と出会ったのでした。木を描くことは最初から決まっていました。どうして私は木を描きたいのか、どうして私は絵を描いているのか。なぜ生まれて―生きているのか。限りある身を持ち、限りのない意識をもたせて頂いて...

福田 博子

東洋のマチュピチュ

130.3×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具 かつてここでは銅を掘っていた。多くの人は笑ったり泣いたりしながらこの鉱山町で生きていた。今、眼の前にあるのは崩れた煉瓦の塀や要塞のようにそそり立つ貯鉱庫、そして木々の匂い。森となって帰ってきた、かつての鉱山町の上には、ただ静かに、青...

志塚 和香

駒競行幸絵巻 模写

34.0×172.2cm 楮紙/岩絵具/額装 和泉市久保惣記念美術館/鎌倉時代/不明 万寿元年(1024)に関白藤原頼道の邸高陽院で催された駒競の後の饗宴のありさまを描いたものである。儀式の壮麗さや建物の豪奢さが鮮やかであり、公卿や殿上人をはじめ、警護の役人、庶民たちそれぞれも味のある個...

髙山 幸子

百日紅がある御門

112.1×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具 真夏の太陽の下で、雨水も少ない中、枯れ木にもならず、おもいきり咲いている姿。その花のある光景、御門と対照的に美しく、昔から何度と私達の散歩道です。ミソハギ科の落葉高木、中国南部が原産。幹は高さ数メートル、平滑でこぶが多く淡褐色、葉は...

濵口 規子

深緑の頃 ―大井川鐵道―

112.1×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具 深呼吸したくなる懐しい景色です。緑の中、大井川にかかる鉄橋と電車の走る風景は四季折々に魅力的な表情をみせてくれます。他の季節も描いてみたい、次の課題が出来ました。

伊賀川 香央里

結 yui ―世代を超えて―

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具 私の息子と祖父を描きました。息子にとっては曽祖父です。今私たちは同じ家で暮らしています。この家には祖父の働き盛りの頃の思い出、子を育てた思い出、そして孫である私が育った思い出もあります。また息子が産まれたことにより、何世代もの人がこ...

山尾 美弥子

春日権現験紀絵 模写

40.9×134.8cm 楮紙/墨・岩絵具/額装 宮内庁/鎌倉時代/高階隆兼 鎌倉時代に左大臣に任じられた西園寺公衡が、春日社に奉納を企てた絹本二十巻の巻物である。私が模写したのは帝室博物館(現・東京国立博物館)が大正14年から昭和10年までの歳月をかけて二人の画家に模写させたもので、現...

岡村 佳子

元年に祈る ―今年は、災いのない穏やかな年になりますように―

162.1×162.1cm 紙本/岩絵具・金箔・盛上げ材 元年がはじまる今年は災いの無い穏やかな年になるよう願いを込めました。台風、大雨、地震、高波等災害はすべてこの絵のなかに封じ、飛龍たちが連れ去ってくれますように。

岡田 欣也

苔の森

112.1×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨 初めて登った高山が北八ヶ岳でした。そこには苔に覆われた原生林が広がっていました。その後も幾度か訪れ、のんびりと歩くのが楽しみになりました。雨の後、苔は鮮やかになり、木漏れ日は印象的な明暗を作ります。倒木を覆う苔には実生が育ち、絶...

前 正美

黄色いベンチのある温室

162.1×112.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・アルミ箔・銅箔・黒箔 温室内はどくとくの湿った空気に満たされている。そのガラスで囲まれた亜熱帯の中で生き生きと息づいている植物達。温室の片すみの黄色いベンチは、レンガ路を歩いて訪れる人を待っているように、じっとそこにある。

阪口 貴世子

明日がんばろう

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具 むせ返るような暑さの中、緑の葉が勢いよく生い茂っている。葉の一枚一枚が美しいカーブと陰影を持っていて、じっと見つめていると、大地から生きる力が湧きあがって来る。葉に負けない黄色い花が空に向かって咲き誇り、何があっても前を向き頑張って...

間瀬 芳枝

閃光 ―大須観音仁王像―

130.3×150cm  紙本/岩絵具・水干絵具・紫箔・金泥 大須観音は職場から見える位置にあり、仁王像に似つかぬ愛想のある風貌が気に入っていた。草稿の時、衣の柄が色鮮やかで細かいことに気づいた。望遠鏡などを持ち込みていねいに模様を描きこんだ。金泥・色箔を使用し煌びやかで華やかな画...

阪口 芳

大地の言の葉

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具 この奇岩は、1500万年前、火成活動により地下から上昇したマグマによって作られたもの。地球の奥深い所で起っていることを考えると、人のちっぽけな様を思い知らされる。畏怖の念を感じずにはいられない。

加藤 昭人

サマンタバドラ ―普賢菩薩―

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨・箔・雲母 仏陀誕生以降、仏教は壮大な世界観を構築してきた。菩薩の「薩」は救済を意味し、多くの人々を惹きつけている。つまり、仏画には霊験感が必須である。悠久の歴史の中から培われた多彩なモチーフを選び再構成することで、圧倒的な表現力...

日景 佐和子

蒼の記憶2018

130.0×130.0cm シナベニヤ/岩絵具 シーラカンスは10代の頃から私を魅了して止まない。標本を写生している間も、私の脳裏には海中を静かに漂う彼らの姿がよぎり、気がつけば蒼い世界に包まれていた。

田巻 智子

夢を漂う少女

162.1×112.1cm 高知麻紙/炭・水干絵具・岩絵具 あらゆるしがらみから解き放たれ、海を泳ぐ魚のように素顔のままで夢を漂う少女を描きました。

伊原 正行

宇宙・個・時間 ―禅の世界―

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨・金泥 以前体験した寺院での坐禅会、興味本位の参加でしたが自身を見つめる良い機会となりました。それは現代社会のストレスから解放され宇宙の中の個を見つめた一瞬でもありました。その時の自分を僧侶の姿に投影し、不確かな記憶の糸を探り制作...

後藤 千代

ハル・サチ・ユユ

112.1×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・銀箔 「ハル」は車の名。母の形見の車で、今は毎日の買い物や義母の通院にと無くてはならない愛車である。「サチ」は妹の名。今まで精神的にも肉体的にも苦労した人だが、いつも明るくたくましい愛する妹。その妹が愛するネザーランドドワーフラビッ...

寺田 緑

あさやけの風 ―光明皇后―

160.6×116.7cm 紙本/岩絵具・水干絵具 光明皇后は、1年次の課題で初めて知り、描きたいと思い続けた奈良時代の偉人である。悲しみや苦悩もあったに違いないが、人々の憧れを一身に受け、国際的な文化も牽引し、夫である聖武天皇を助け前を見て生きた人だと思う。興福寺五重の塔にて朝焼けの...

川野 雅美

守る ―春日大社参道脇にて―

130.3×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨 4月下旬。朝の優しい光を浴びて樹下に休む鹿の親子と出会った。私をまっすぐに見据える目は、凛とした強さを放ち、子鹿を守る覚悟を窺い知る。木漏れ日が鹿の背にそそぎ、白い光が斑点と重なる。オレンジ色にキラッと光る鹿の毛が、少し湿った森の...

尾小山 輝子

うつしみをこえ ―曽根崎心中・お初―

130.3×162.0cm 高知麻紙/水干絵具・岩絵具・銀箔 大学で初めて出会った文楽人形。その虜になった私は死に逝くお初に生身の人間以上の想いを感じ、その顔を描きたいと願った。浄瑠璃の床本を配したり、銀箔を貼ったり、天界の華として曼珠沙華も描いてみるが、お初の情念なるもの、そう簡単...

李 惠賢

高麗仏画(水月觀音図) 模写

150.0×85.0cm 雲肌麻紙/岩絵具・水干絵具・金泥/額装 韓国・高麗時代(800年前)/不明 世界でもっとも美しいと評価をされている韓国、高麗時代の仏画を描きました。装飾性と芸術性が高く評価されている仏画ですが、一般にはなかなか拝見出来ないので、皆さんの前で美しい仏画が披露出来...

塩塚 寿栄子

星灯り

112.1×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・胡粉・金・銀泥 夜運動を兼ねて歩いているが、街が明るいので星が見えにくい。でも、去年の春、近くの山間の村で久しぶりに満天の星を見た。こんな所がすぐ近くにあることに驚き、何よりも星空の美しさに感動した。暗くなるにつれ、星が少しずつ輝き...

遠藤 悠紀子

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具・銀箔 宇治川天ケ瀬ダムの数百メートル下流にある大木は、いずれ朽ち果てるであろう様子を見せながらも尚、若い生命を包み込み、育み、力強く根を張っていました。幾多の困難を乗り越えてきたであろう大木が、「大丈夫、大丈夫・・・」と優しく励まし...

米沢 弘治

Gorilla,Gorilla,Gorilla

130.3×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨・洋金箔・純銀箔 タイトルは、ニシローランドゴリラの学名である。その顔と体型から怖そうなイメージはあるが性格は優しく臆病で、現在、絶滅危惧種に指定されている。動物園では種の保存に努めその寿命も延伸させているが、ゴリラにとっての楽園...

楠 紀子

銀月アパート ―百年の系譜―

97.0×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨・銀箔 百年もの間、多くの住人を迎え入れ送り出してきた銀月アパート。有名建築家が建てたわけでもなく、その時々の住人が手前勝手に修理し、手入れして今も建ち続ける。白壁に囲まれた様々な木枠の窓はまるで見本市のようで、歴々の住人の営みが垣...

清水 孝子

蓮池

112.1×162.1cm 紙本/銀箔・岩絵具・水干絵具 私の散歩道にある小さな蓮池に鴨が飛んできたのです。眺めていたところ池の水の色が美しいのに気づきスケッチした蓮池です。大きな蓮の葉がゆったりと揺れる様子にも引きつけられました。その後も鴨は、一羽で飛んで来たのですが寂しいので二羽...

安本 愉美子 【学科賞】

劫の住処(こうのすみか)

116.7cm×160.6cm 紙本/岩絵具 生まれ育った家の庭にずっと同じ形でいる石たちに、この場所で共に過ごした家族を重ね合わせ、ゆったりとした時の流れの中で、死者も生者も皆が穏やかに寄り添い合っていつまでもそこに在る姿をイメージしました。人間の普遍性と根源性を求めて、心で感じる世...

長尾 博昭

自然の尊幻

194.0×130.3cm 紙本/岩絵具・墨 近代日本画を元に、水墨画山水の手法を取り入れ、自然の尊厳を幻想的に捉える試みです。自然の力強い生命力、やさしさ、包容力等を出す「美しさ」への挑戦の第1歩です。

小野寺 陽子

朝日の中で

162.1×112.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具 夜の暗闇が少しずつすこしずつ明けていく。音もなく光が様々に空を彩る。その中ですうっと空高く伸び入る蓮の姿は私の背中をぐんと押し上げる。いつの間にかこの美しい姿が目に焼き付き、わすれることができなくなった。

池見 真弥

ためらい

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨・その他 女神が朝顔の蔓を手に取った。鐘を聴こうと夜に紛れた闇の王は、女神の姿に帰郷をやめる。夜が終わり、朝が来る。闇の者はその身を焦がし、崩れてしまう。女神の手は動かない。その一瞬のためらいが、運命を決した。夜は終わる。鐘は鳴ら...

岡本 恵美子

静かなる力 ―上野公園にて―

130.2×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・モデリングペースト いつの頃からそこで生きてきたのか。それらの木々は、枝を切られても、地面が固くて根を下ろせなくても、根は地面を這いつくばり、苔にほとんど覆われながらも新芽を出して、さらなる未来を生きていこうとする。その静かな力強さ...

犬飼 左和子

繭の夢 ―遠野物語オシラサマ伝説より―

162.1×130.3cm 紙本/岩絵具・水干絵具 里の小さな囲いの中で、芽生える恋は切なく儚い。仄暗い繭の中に、夢見るように沈んでいく。足元に、外につながる光があったとしても、それを望む事はない。現代の私たちも何かにとらわれ、時に繭の夢を見る。踏み出すことができないのか、自らとどま...

佐内 明子

何処へ? ―武蔵一宮氷川神社参道―

162.1×112.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨・モデリングペースト 私はどこに行くのだろう? いつも、漠然と考えている。これで終わりか、ようやく辿り着いた! その瞬間にまた、行く手に道が見える。あそこまで、一歩、一歩。もういいか? まだ、まだ。あと一歩。あと一歩。

奥山 和子

フランスの小さな村

97×145.5cm 高知麻紙/岩絵具・金泥 スケッチ目的の海外の旅をして10年が経ちました。非日常の文化、歴史、空気に触れ感動し、日本画にしたいと思ってきました。ルブレサックという南仏の小さな村。朝露がたち、鶏が鳴く畑での風景を描きました。静かなゆったりとした空気も表現できたらと願...

森岡 由美子

庭で

162.0×130.0cm 高知麻紙/墨・鉛筆・水干絵具・岩絵具 庭の片隅のエゴノキとその根方のドクダミの群生。体を伸ばし次々に花を咲かせる姿に感銘を受けて描きました。

ラドリン かおる

初夏・野にあるような花

162.1×112.1cm 高知麻紙/岩絵具・水干絵具・墨 葉先が3枚ほど白くなるともうすぐ夏という半夏生(はんげしょう)。三白草(さんぱくそう)ともいう。ヒメガマとの取り合わせ。楽斎作、古瓦花器。奈良・円照寺、山村御流。

大内 さやか

佇む

130.3×162.1cm 紙本/岩絵具・水干絵具・墨 近所の公園の木です。佇む姿を別の角度から見ると新たな発見が幾つもあります。人生もまた同じように別の視点から見ると新たな発見があるかもしれません。これから思いがけない体験をするかも知れません。けれども、ただひたすらに生きる木を見る...