airUキャンパス

airUマイページ

十五年戦争時の画家の表現と戦争画の現在
「日本の水」の資質が日本の文化の基層を創った、という事
明治期静岡に定住した士族の生き方
近世摂津国池田の地域文化 ―池田郷の旦那衆と文化の関わり―
愛媛県東温市(旧重信町)麓地区に伝わる念仏踊り ―麓の楽頭について―
与謝蕪村の絵画表現に与えた俳諧の影響
女人救済行事「布橋灌頂会」の復元と現代的考察
頼山陽の掛軸とその受容をめぐって ―「墨牡丹図」を中心とする箱書・書簡並びに表装からの考察―
寄せ絵における肖像画と静物画の融合 ―アルチンボルドと北方ヨーロッパ美術―
播磨の山城と織豊系城郭 ―長水城石垣を中心に―
李朝時代の陶磁の美意識「タルハンアリ(満月壺)」の歪みの美からの考察
海北友松筆《浜松図屏風》と《網干図屏風》の造形的特質 ―俯瞰的構図による奥行きの描出―
縄文時代における漆工技術の考察 ―漆の精製技術「なやし」「くろめ」について―
千住地域に残る小祠の現状から見る民間信仰 ―千住宿の成立から現在までの歴史を背景に―
奈良公園にみる文化資源の活用と観光政策
志賀重昂が遺したもの
「幻の村」の興亡 ―住吉村・御影町の「富豪村」とその代表的な洋風邸宅の変遷―
詩歌と葬送儀礼の関係性 ―挽歌から哀傷歌へ―
江戸時代の大和川付替工事における一考察 ―工事前後の史料からみえる手伝普請の諸相―
近世京都の地蔵祭 ―地蔵盆の源流へ―
石座神社大祭 ―大蛇退治は今も続く―
ミュージアムにおける文化財の価値の継承について