airUキャンパス

airUマイページ

悲田院の変遷
「戦争体験世代」と「戦無世代」が描く、史実に基づく「戦争マンガ」 ―その違いは何か、そして何故違うのか、読者はそれとどう向き合うか―
中尊寺一字金輪像の制作年代と作者について
ニキ・ド・サンファル ≪タロット・ガーデン≫
戦後の東京都内における民間劇場について
原田直次郎が挑んだ日本様式の西洋画
浮世絵がゴッホの色彩表現に与えた影響 ―青と黄色の関係性―
〈ベアトゥス写本〉に見られる車輪様のものがついた四つの生き物について ―《小羊のビジョン》図をめぐって―
「共同的」経験としての写真の現在を問う ―Instagramは、アイデンティティー?―
アートに「障がい」というカテゴライズは必要か ―芸術の可能性にむかって―
歌舞伎『曽根崎心中』お初の女性像 ―人形浄瑠璃・歌舞伎・改作の比較からみえるもの―
青森ねぶたの造形の変遷 ―昭和37年以降を中心に―
快慶作・三尺阿弥陀如来立像の機能 ―「型」の継承としての安阿弥様の意義―
《松林図屏風》試論 ―「余白」とは何か―
グスタフ・クリムトの日本美術受容についての考察
フィンランドの高等学校における美術教育について ―タメルコスキ高校の1年間の美術科教育に関する視察報告―
浮世絵の評価の変遷とその背景
薩摩西餅田焼の基礎的研究
ゴッホ神話と複製技術時代の芸術におけるアウラの復権
関根正二の女性像 ―女性像に込められた祈り―
東寺蔵西院曼荼羅の動物図像について
コレクション活用から考えるこれからの美術館
実業家と芸術 ―原三溪への芸術からの恩恵―
名付けられないもの
『井筒』における『伊勢物語』の語り直し ―語り手の脱〈ゼロ〉化と再統合―
首里城を見つめ沖縄のアイデンティティを見つめる
アウトサイダー・アートからみる反復表現の美学
チェコ・アール・ヌーヴォー最後の華 プラハ市民会館の折衷様式
造形思考の根源 ― 野生の知覚へ還る ―