airUキャンパス

airUマイページ

南紀における長沢芦雪の画業 ―伝統の継承と新しさの追求―
《鷹見泉石像》にみる西洋画法について
「杉」の花道史における一考察 ―花伝書・花道書にみる「杉」の記述から―
ニフレルを通して考える水族館の展示方法の考察
中宮寺菩薩半跏像の光背について ―意匠の考察を通した制作年代の検討―
鎌倉・極楽寺《釈迦如来坐像》について ―仏師の系統と安置場所の考察―
長澤英俊 ―都市の環境と彫刻―
人は何のために服を着るのか ―女性の婚礼衣装に関する一考察―
入江泰吉の美意識と写真表現
奈良国立博物館蔵 国宝《薬師如来坐像》について ―その伝来と制作背景をめぐって―
ムリーリョが描いた「無原罪の御宿り」
光明寺本《当麻曼荼羅縁起絵巻》の制作事情と発願者について
上村松園作品の女性美に関する考察 ―〈髪形と衣装〉の分析を中心に―
ボッティチェッリのトンド ―円形画面における聖母の憂鬱な表情―
現代アートの存在意義 ―フェミニズム~ジェンダー論争を超えて―
ピエロ・デッラ・フランチェスカ作《ミゼリコルディア祭壇画》再考 ―〈慈悲の聖母〉を中心に―
村上華岳《裸婦図》の制作の背景について
長谷川潔:ふたつの種子草 ― 《種子草》(1916)と《瓶に挿した種子草》(1966) ―
田中一村:奄美で枇榔樹を描く ―自己芸術の確立を目指す創意と試み―
亜欧堂田善の「西洋画法による銅版画と油彩画」 ―江戸の風俗と遠近法に着目して―
視覚芸術作品の解釈におけるタイトルの効果について
17世紀初頭 カラヴァッジョの祭壇画世界 ―登場人物の表現と礼拝堂構造―
明治期の七宝デザインの変遷と影響を与えた要素の検討
現代都市文化における初音ミクという存在 ―その位置づけ、存在の意味と祝祭性―
舞草刀について ―蕨手刀から舞草刀へ―
パウル・クレー/神話の仮面 ―自画像と自己肖像画の考察―