airUキャンパス

airUマイページ

2016年度 卒業制作・卒業研究 作品・論文集

2016年度 和の伝統文化コース

松浦詮の茶の湯
-女子大学での茶道指導を中心に-
江戸系地口絵紙の考察
-江戸系職人と凧絵師今井鉄蔵との関係-
《当麻曼荼羅縁起絵巻》における山景・海景についての一考察
一円融合の世界
-二宮尊徳の哲学に学ぶ-
ラジオ放送が伝える日本の芸能
 -1925年から1952年まで-
農村舞台と農村歌舞伎
-神戸市北区の農村歌舞伎-
茶の湯の身体性と現代社会における意義(試論)
茶道の精神性
-清浄さという観点を通して-
歌舞伎の舞台に息づく立涌文様
言葉と造形としての海松
-古代から近世までの事象を中心に-
明治維新後の「茶の湯」の復興
-近代数奇者と茶人を中心として-
鎌倉期古瀬戸瓶子のモデルについての考察
着物の美意識における「いき」と「枯れ」についての一考察
『大正名器鑑』に見る江戸時代の町人の茶道具
近代以降の高山茶筅産業からみえてくるもの
江戸悪所考
-吉原と芝居町/歌舞伎- 
扇を通してみる日本の美と精神性
-能『班女』を中心に-
三重県桑名市 諸戸家の茶の湯を探る
「遊び」に関する考察と現代における新たな展開
 -遊びとロボット-
名物裂のなかの動物たち
-大陸渡来の文様-
鈴木其一筆 業平東下り図