airUキャンパス

airUマイページ

鶴岡市黒川の王祇祭における「大地踏」の藝能としての意味
日本の文化財修理における“地色補彩”について
ブリューゲルとネーデルラント絵画
園芸療法について
―海外と日本の取り組みを中心に―
日本のステンドグラス
―明治時代から昭和初期にかけて―
尾形光琳の画業を巡る一考察
―宗達私淑神話の再検討―
京都・東福寺万寿寺像の制作年代について
中国における鉛釉陶器の始まりについての考察
ジャクソン・ポロック、画面の動と静
エリオット・アイスナーの美術教育理論の意義
マーク・ロスコ作品におけるdark-colored painting
ロスコ様式に至る変化について
―マルチフォーム期の作品の中から―
八木一夫《ザムザ氏の散歩》研究
―評価の成立過程と造形世界―
聖書とレンブラント
―聖書画の検証と考察―
曾我蕭白《石橋図》考
吉原治良の立体作品から見えてくるもの
―「具体」の初期表現活動の意義―
高齢者の芸術との関わりとコミュニケーション
肢体不自由児と芸術活動
―1本の線から広がる世界―
藤田嗣治の画中画について
―自画像の中に描かれた意味―
岡本太郎による「大衆」への挑発
―縄文土器芸術性の発見による影響とその後―
狩野元信筆《四季花鳥図屏風》における金雲・金地の成立とその様式展開に関する考察
1930年代の活動弁士について
―弁士の「芸」についての一考察―
現代における巨大壁画芸術の一考察
―芸術面の「公共性の構造転換」はミロから始まった―
河鍋暁斎の評価について