airUキャンパス

airUマイページ

日本の仏像(木彫)を作った仏師
―平安時代(藤原期)の康尚と定朝―
大和大路と法性寺大路
―鴨東の古道復元の試み―
『仙境異聞』に見える岩間山
―文化・文政期の愛宕宮経営をめぐって―
戦国時代の京都 内裏の堀と内裏周辺の構の構築実態
―『言継卿記』にみる内裏と言継が住む内裏周辺の防御施設の構築状況―
南蛮美術とキリシタン美術の違いとは何かについて
―《泰西王侯騎馬図屛風》を中心とする三点の作例を元に考察する―
西行の遁世
―寂然・空仁・西住からの考察―
寝殿造庭園と浄土庭園
―土御門殿から平等院へ―
近世庶民の時の実用状況について
―中世末~明治改暦へ庶民の日記等より概観―
近世大坂における両替商の機能と実務について
―井原西鶴の『世間胸算用』を切り口として―
《天狗草紙》の制作依頼者について
近代「国語」成立の政治史的研究
―上田万年を中心に―
千手山弘法寺「被り阿弥陀」造像年代の検討
中世大阪の難波津から渡辺津への展開
俊乗房重源と「豊光寺」
―備前・備中における重源の活動―
中世における安房地域の「やぐら」について
―館山市九重地区を中心に―
『金沢文庫古文書』に見る鎌倉の喫茶文化
―金沢貞顕を中心に―
元和偃武の精神史
―新陰流史を中心として―
絵巻物から後白河院政期の政治と社会を考察する
江戸時代における孝行者の諸相
浄瑠璃寺九体阿弥陀如来坐像制作年代の考察
―定朝様式と関連人物の信仰の交点から―
千葉県白井市の庚申塔・庚申講についての考察