airUキャンパス

airUマイページ

アルフォンス・ミュシャ《スラヴ叙事詩》のチェコ・ナショナリズムについて
土の香りのする写実主義
―工部美術学校・フォンタネージ・浅井忠―
善光寺大本願《絹本著色阿弥陀聖衆来迎図》について
新知恩院蔵阿弥陀二十五菩薩来迎図
―菩薩の動きを中心に―
バルテュス絵画表現におけるミメーシス
仙厓義梵(1750~1837)の作品について
―「扶桑最初禅窟□△○」の解釈―
能《猩々》
―疱瘡神から見た一考察―
アングル作品の新古典主義表層と内在するパラドックス
―1830年代を中心に―
佐竹曙山の描いた洋風画
カイユボット“ペンキ塗り職人”のモチーフが意味するもの
ホセ・グアダルーペ・ポサダの受容をめぐって
―メキシコの文化的アイデンティティ確立のための模索―
ミュージアムにおける視覚障害者サービス
―展示物へのアクセシビリティ向上のために―
ジャン・フォートリエの美術史的位置付けの再考
―アンフォルメルの解体―
円山応挙の表現技法について
―《雪松図屏風》を中心に―
李朝朝鮮絵画の室町絵画への影響
―狩野元信筆《四季花鳥図》からの一考察―
銘仙再評価の試みとして
― 一枚の羽織を手がかりに ―
なぜ、人はアートというカルチャーを、特別なものとして認識したがるのか?
植田正治作品にある〈おかしみ〉
―評価の第2ステージとなる『童暦』と「小さい伝記」とは―
鈴木其一筆《夏秋渓流図屏風》考
ストリートからメインストリームへ移行したバンクシー
レオナール・フジタの子供達
―イメージソースを探る中で―
織部焼の意匠について
―織部焼と古田織部との関係性からの一考察―
街を変える「美術館の力」とは何か
―アートによって変化した街・六本木を対象に―
ジャンボローニャ作「飛翔するメルクリウス」像
―激動期、メディチ宮廷の繁栄の中で―
現象のレンピッカ
-タマラ・ド・レンピッカの絵画から読み解くモダンデザインの位相-
ミュシャの描いたポスターの魅力
―舞台告知ポスターから読み取るミュシャの魅力―
ポロック作品における「距離」の検討
―二つの時期における考察―
モネ、俯瞰で捉えた近代の人々
―2枚の《1878年6月30日の祝祭》を中心に―
親密(アンティーム)な絵画における不気味なものについて
─フェリックス・ヴァロットンの室内画をめぐって―
小村雪岱の舞台装置についての一考察