airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 卒業制作・卒業研究 作品・論文集

2013年度 空間演出デザインコース

CHOTINAN CHALASCHIMPLEEKUL

SIL-FLOW ―二千年をかけた花々の灯り―

照明二千年以上の歴史を持つ金襴模様はシルクロードを渡る過程でそれぞれの国の文化に触れて変化してきました。その国々の模様を組み合わせ新たな金襴模様をデザインし、その模様を光と影で表現する「SIL-FLOW」という照明器具を提案しました。

竹内 知穂

居場所に変えるモノ

立体  W1600×D400×H1410mm、素材:義母の生活道具馴染みのない場所を自分の居場所に変えるためには何が必要なのか。高齢の義母の、施設での新生活を通して、ひとが新たな場所に馴染むためのひとつの方法を提示する。

北村 謙五

土壁伝承 ―土と左官と六古窯―

調査研究  研究ノート、土壁サンプル社会環境が変化し伝統技術が継承されにくくなった現代、その技術や知識を学ぶ事は困難である。そこで住空間における和の要素の中でも重要な土壁とその技術を後世に伝える為、職人の口伝や技術を元にした土壁の再現実験を通し各地の情報を土壁レシピとして...

長谷 優香

「まちに花を咲かせませんか?」 ―まちに彩り 人に花―

インスタレーション、写真花の持つ美しさの本能。まちに花の傘を咲かせるインスタレーション。咲かせることで人を和やかな気持ちへ誘いたい。0歳から96歳までの人と一緒に咲かせました。

北村 美器

NMT団地集会所改築プラン

団地集会所の改築計画  提案書、模型日常に溢れる「ご緑だから…」。切ったり、結んだり、もともとフレキシブルなそれは、特に現代日本において、より曖昧でしなやかに“便利に使える”ものとなり、緩やかに人とつながることを求める時代に合った概念である。実生活の場である団地の集会所の改...

稲田 聖子

melty dress ―残さない潔さ―

ウェディングドレス、素材:オブラート私たちの周りにはモノが氾濫している。その中には自分たちで処理できないものも含まれている。豊かさを求めモノを残すのではなく、残さない潔さを持つことも必要だ。記憶として心に強く留めておくことは所有することより大切である。

西田 美知子

ハタラクジラク365 ―働く人への贈り物―

カレンダー、素材:紙働く人が傍楽(ハタラク)だけでなく、自楽(ジラク)も大切に日々を過ごしてほしい。そんな願いを込めて、働く日々を楽しむためのカレンダーを制作しました。働く人へのヒアリング等から得た情報をもとに、「今日は何の日?」とからめて365の楽しみを設定しました。これ...

安藤 眞由美

cocon ―時をつつむ Silky Wedding―

テディベア  大35cm、小24cm(全長)、素材:シルク他斜陽化とする国内のシルク産業に向けた商品とブランディング企画提案です。cocon(仏語=繭)というブランドで、結婚12年目(絹婚式)の夫婦をターゲットにしたシルクのテディベアを贈るプロジェクトを考えました。テディベアがキューピ...

愛敬 令菜

床の間BOX

12ヶ月の床の間BOX  W300×D200×H268mm、12点、素材:ウォールナット・アクリル板・和紙床の間が設けられない現代の住宅事情に対する、現代の床の間のプロダクト提案です。季節により形が変わる12個の箱を、季節により違う場所に置き、蓋を開けて飾り付けることで季節を愛でることが出来ます...

関口 美緒

現代屏風

二曲一隻屏風 五隻、素材:和紙・木材・ワイヤー場所をつくったり、美しい絵を飾ったり、風をふせいだり。かつて人々の生活になじんだ道具であった屏風を、いまのわたしたちの暮らしにとりいれるとしたら? 長い年月、日本人の暮らしを支え、はぐくまれてきた屏風。その伝統を受け継ぎ、アッ...

小林 さや加

あひまじりておぼろげなりけり

インスタレーション  W2070×D2400×H2400mm、素材:シルクオーガンジー・ろうけつ・染料春霞、朧月夜、にほひ。日本の美意識に根づく「おぼろげ」を再現化し、空間にあいまいな境界領域をつくりだす。空間を気配で仕切るインテリアファブリックとしての応用を見据えたうえで、空間の向こう側に...

榎本 昌代

手にするものの物語 ―椀・箸・手拭い―

研究報告書、手引書物質的に豊かで使い捨て文化となってしまった日本社会。未来を担う子供達に物を大事にする気持ちや感謝の気持ちを育んでもらうために学校教育の中で椀・箸・手拭いを取り入れることを提案する。この三つの物の研究報告と提案を象徴する手引書を制作した。

木下 早紀

花鳥風暦 ―七十二候カレンダー―

カレンダー  大8640×190mm、小5680×120mm、素材:和紙・布・色鉛筆日本語ということばの持つうつくしさ、そのうつくしいことばを生み出した日本人の視座、そしてその土壌となった日本の風物のすばらしさを表現したい、と思ったところから製作が始まりました。繰り返し続いてゆく四季のように...

星 美代子

余白ism

遊びゴコロデザインの提案、ミクストメディア何不自由のない今、「豊かさ」とは何を指すのだろうか。進化するテクノロジーとは裏腹に、退化の道をたどり始めたヒト。遊びは、そんな機械にコントロールされたかのような毎日を解き放ち、生活に余白をもたらす。本当の豊かさとは何かを考えるきっ...

木村 洋子

しんじ湖 レイクリング

サイクリングコースの企画市民の憩いの場である宍道湖をより身近により楽しんでもらえるよう、4つのサイクリングコースを企画した。それぞれのコースについて、宍道湖の魅力満載の楽しみ方を紹介し、参加者どうしがつながる場としてコミュニティサイトを立ち上げた。

速見 淳毅

再輝(起)

造形物  W575×D425×H130mm、W258×D150×H145mm、W210×D297×H30mm、素材:古本「もう必要ない」そう思われているものでも、発想次第で生まれ変わり、もう一度輝かせることができるかもしれない。そんな可能性を追求し、自分の地域から集めた、処分されようとしている本を使い、本から感じられ...

物江 龍雄

職人の音 ―音を感じる 音で学ぶ 音が育む―

映像インスタレーション職人の音を通して、見えないものを音で見る技の世界。ものづくり日本が世界に誇れる職人技の中から、4種を選び、その技の伝承するアーカイブと「音育」として音を感じる、音で学ぶ、音が育むことを伝える作品。

余 美玲

香港オリジナルお土産“手信・SAU SHUN”

ブランティング  ジュエリー、モビール、ライトバッグ、ドイリー、サシェ、ティーバッグ私の故郷“香港”、その独特の文化が生む“手信”をコンセプトに。香港発お土産の専門店「手信・SAU SHUN」として、“手の温もりを感じるモノ”の価値観をブランドメッセージとともに、世界中へ発信。まずは、...