airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 ランドスケープデザインコース

小川 泰樹

近衛文麿の愛した風景 ―荻外荘整備計画―

0.62ha  基本計画・設計
対象地建築は、伊東忠太の設計により昭和初期の武蔵野的景観を残す東京の郊外に建てられた。また、近衛文麿元首相が別荘とした事で、太平洋戦争回避へ向けての協議の場にもなった。庭園化に向けて、増改築を繰返した建築の復元時期の検討と共に、当時の武蔵野の面影を残す自然味あふれる既存樹木を活かした憩いと学びの場の創出を提案する。