airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 日本画コース

角藤 律子

謝韻律

130.3×162.1cm  雲肌麻紙、岩絵具・水干絵具・墨
いつも通る道際には、人間と共存している動植物達が生きている。その命の尊さに慈しみと癒される時間に感謝と陳謝の気持を込めて、大地を踏める日常が地域にある。やさしい空気は、多くの人のスケッチや描かせるという行為を生んだと思います。私もその一人になったということに感謝の心を込めて楽しい時間を喜ばしく想います。ありがとう。