airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 日本画コース

三原 康雄

古楠 ―根性―

112.1×162.1cm  紙本、岩絵具・水干絵具
この作品のモチーフは青蓮院の表に立つ京都市天然記念物で樹齢約八百年の楠で、老木と思えない程堂々とした姿で、幹や根茎や枝や葉に若々しさを感じさせ、風雪にも耐え忍いだ古楠です。その雄姿を未熟で力不足の私が描いてみました。この絵のポイントは幹と根茎の力強さと後ろの背景の距離感を表しました。絵画は人生最高の経験になりました。