airUキャンパス

airUマイページ

2013年度 日本画コース

中野 広子

衹をんの舞子さん

162.1×112.1cm  紙本、岩絵具
舞子の顔が一番気になるところだが、さらりと描いて雰囲気を出すことには成功したと思う。ただ最後まで何度も筆を入れた左手には満足していない。右の振袖を親指と他の指で?んでいるのだが、向こう側にいった手の具合の表現がとても難しい。バックについては金箔を貼るのをやめて自分の好きな色を塗って表現してみた。叶笑(かのえみ)さん、ありがとう。